スポンサーリンク

洗剤の【断捨離】ココナツ洗剤で洗剤の一本化を目指した結果

家中の洗剤をひとつだけにしたい

f:id:itsukih:20171130114013j:plain

家にある液体洗剤を一本に統一することが、ゆるミニマリスト主婦の数年にわたる夢(大袈裟・・・)です。

 

試行錯誤の末、たどり着いたのが、ココナツ洗剤でした。

まず、洗剤を一つにするメリットについてまとめます。

 

洗剤をひとつに統一するメリット

  • 洗剤、ストックの種類が減らせる
  • 買い物が1回(1種類)で済む
  • 洗剤が1種類なので、用途別に探す手間が省ける
  • 洗剤の使い分けがないので、家族全員だれでも掃除ができる

 メリット満載です。

洗剤の使い分けも、ストックの管理もできないズボラ主婦にはぴったり。

 

洗剤をひとつにするためのハードルは高い

f:id:itsukih:20171130114240j:plain

しかし、手には優しくてエコな洗剤は、洗浄力や泡立ちに問題があったりします。

逆に洗浄力が強い洗剤では、手荒れがあったり、体を洗うのがためらわれます。

また、家全体で使うため、使用量が多くなるので、質が良くても高価格のモノは、採用できません。

難しいのです・・・・

 

我が家の場合、洗浄力、手荒れ、価格の問題をクリアした洗剤がココナツ洗剤でした。

 

 

 

泡立ちは市販の洗剤より劣りますが、洗い上がりがさっぱりしています。

肌荒れがないので、数年程、使用しています。


ココナツ洗剤で使いまわしている用途

シャンプー・ボディソープ・洗顔(私のみ) 

f:id:itsukih:20171130111339j:plain

左:夫子供用シャンプー・ボディソープ 右端:ココナツ洗剤

市販のものに比べると、泡立ちが少ないです。

泡立ちを求める方には、物足りないと思います。

元々、シャンプーが泡立ち過ぎて嫌だった(泡を流し切るのが面倒なため)私に関しては問題ないです。

顔は、洗顔ネットでふわふわ泡にして洗っています。

体も頭も顔も一つで済むのでとてもラクです。

 

ハンドソープ、風呂掃除用洗剤、食器洗い用洗剤、その他掃除用洗剤

掃除は全てココナツ洗剤でしています。(重曹とクエン酸は使います)

 

 

洗面所

f:id:itsukih:20171130111302j:plain

右側:ココナツ洗剤 ハンドソープ・洗面ボール掃除・トイレ掃除用


キッチンシンク

f:id:itsukih:20171130111411j:plain

左:食洗機用洗剤  右:ココナツ洗剤

 

ココナツ洗剤を食器洗い、ハンドソープ、シンク掃除に使用しています。

正直、鍋を洗う際、油汚れに対して泡立ちが少ないです。

が、手荒れがないので、そこは妥協して目をつぶっています・・・

 

 

 ↓食器洗い洗剤とハンドソープとの兼用について

www.yururaku-life.com

 
おしゃれ着用洗濯洗剤

洗濯機の手洗いコースで洗うようなニット類などに使用しています。

以前は、おしゃれ着専用洗剤(〇マール)を使用していましたが、ココナツ洗剤に変えても仕上がりに問題はありませんでした。

 

専用洗剤を使用している用途

ココナツ洗剤の洗浄力では物足りないモノ、使用量が多くコストがかかるモノ、専用洗剤が勧められているモノは、専用洗剤を使用しています。

 

洗濯洗剤

ココナツ洗剤だと市販の洗剤よりコストが高くなるため、毎日使用する洗濯洗剤は、市販の液体洗剤を使用しています。

また、泥だらけの子供服を頻繁に洗うので、〇リエールとか〇タックのような洗剤でガッツリ洗いたい。

 

食洗機用洗剤

食洗機が壊れたら困るので、専用洗剤を使用しています。

また、油汚れに対しては、ココナツ洗剤は少し物足りないので、使用すると食洗機が油汚れが残るかも・・・と思ってやめています。

 

夫や子供のシャンプー・ボディソープ

我が家の男子たちは、泡立ちを求めるので、通常のボディソープとリンスインシャンプーを使用しています。

私がボディソープ・シャンプーにココナツ洗剤を使っても、風呂場のボトルの数は同じなので、意味ないよね  ( ;∀;)

  
洗剤の一本化を目指した結果は

 

f:id:itsukih:20171130114407j:plain

 

というわけで、我が家の液体洗剤は、ココナツ洗剤、洗濯用洗剤、食洗機用洗剤、私以外の家族のボディソープ、リンスインシャンプーの5種類を使用しています。

 

ココナツ洗剤の兼用で無くした洗剤・石鹸は、風呂用・トイレ用・排水溝用・食器洗い用・ハンドソープ・洗顔用の6種類でした。

 

一本に統一するのは無理でしたが、だいぶ種類を減らせたと思います。

家中の石鹸の一本化は、 ミニマリストっぽくて憧れますが、家族(汚し屋の子供)がいると、ハードル高いです。

コストや洗浄力を配慮して、用途別に分けた方が良いこともあります。

 

無理やり一つにして不便を感じるよりも、使いやすい洗剤を使いつつ、なるべく、洗剤の種類が減らすのが、ゆるラク主婦にはベストか!と思います。

 

↓ 暮らしがラクになる楽しいブログ情報満載です。クリックしていただけると、更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

↓家事がはかどるトラコミュ3選

にほんブログ村テーマ
時短家事の工夫

にほんブログ村テーマ
そうじ・洗濯のコツ~きれい大好き

にほんブログ村テーマ
家事が楽しくなるモノ・工夫

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 


 
 

 

スポンサーリンク