スポンサーリンク

買い直せないモノを【断捨離】して後悔したことはある?

買い直せないモノを断捨離したら後悔するか

市販品を断捨離してから後であれがあったら使えたなーと思う事は、ごくたまーにあります。

でも、別のモノを買い直せばいいので、全然後悔はしません。

今回は、買い直せない、二度と戻らないモノの断捨離に限定して書きたいと思います。

買い直せないモノとは


f:id:itsukih:20171223110032j:image

買い直せないモノとは、 すでに市販に出回っていないモノ、自分や親しい人が手作りしたモノ、写真などの思い出の品でしょうか。

そのようなモノたちは、手放すと二度と入手できないので、実際に必要かどうかを無視して、自分の中での価値が上がってしまいます。

 

私が大量に断捨離した買い直せないモノとは

f:id:kanamex:20160830075253j:plain

私は、数年かけて、服と本と写真(独身時代の趣味)を大量に断捨離しました。

 

服と本は、買い直せるものですが、ひとつも買い直しませんでした。

服に関しては、厳密には、今シーズンが終ると全く同じモノを入手することができない(定番化している服を除く)、買い直せないモノかもしれません。

しかし、あるセーターを残しておけばよかったと思っても、同じ服を買いなおすより、今の自分の感覚にぴったりで、デザインの新しい服の方が欲しい。

そのため、あの服残しておけば良かったという後悔したことはありません。

 

私の場合、大量に断捨離した買い直せないものは写真です。

ネガも捨てたので、焼き増しもできません。(フィルムカメラの時代です。)

しかし、断捨離する時に、全ての写真を1枚ずつ手にとって、お気に入りを厳選したので、捨てた写真を後悔したことはありません。

例えば、旅行に行った写真は、数枚のベストショットを厳選すれば、思い出としては残るので、その旅行の大半の写真を処分しても後悔しません。

極端な話、各行事1枚残せば、思い出としては残るので、後から思い出すことはできます。

捨てた写真は、記憶から抜け落ちてしまうので、後から後悔したことはありません。

 

卒業アルバムは、何度も断捨離候補に上がりつつ、以下の記事の理由で残しておくことに決めました。

www.yururaku-life.com

 

手紙やプレゼントなどの思い出品の断捨離

f:id:itsukih:20171223110103j:image

手紙やプレゼント類は、ほぼ断捨離しました。

手紙やプレゼントを貰って感動したり、嬉しかったのは、過去の自分です。

手紙は、一つ、一つ、読み返しました。

こんなのもらったなあと懐かしく思う程度ならば、断捨離しました。

すると、残したい手紙は、1通だけになりました。

捨てた手紙のことは、この記事を書くまで、考えたことはありません。

 

 プレゼント類は、実際に使用しているモノ以外は、断捨離しましたが、もらった本人への罪悪感はありません。

なぜなら、もし、私がプレゼントした本人ならば、プレゼントをもらった人が「捨てたいな」と思いながらプレゼントしたモノを持っていたなら、「早く捨てて!ごめん!」と思うからです。

もらったとき、プレゼントを自分のために選んでくれた(作ってくれた)ことに感動して、感謝したなら、それでもう十分と思います。

捨てて後悔したモノは無かった

f:id:kanamex:20160830075742j:plain

 

一つ一つモノを手に取って、自分が納得して断捨離したので、私の場合は、二度と手に入らないモノでも後悔したものはなかった と言えます。

もしかしたら、ちょっぴり後悔したことはあったかも知れませんが、今はすっかり忘れています。

ということは、ずっと後悔し続けるモノはなかったということになります。

 

私の場合、二度と入手できないモノは、思い出品が多かったので、現在、使用しているモノではありません。

そのため、無くなってしまえば、存在自体をすっかり忘れてしまう(気にならなくなる)ので、後悔しないのかなーと思います。

 

↓ 暮らしがラクになる楽しいブログ情報満載です。クリックしていただけると、更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

↓断捨離したくなるトラコミュ3選

にほんブログ村テーマ
断捨離でゆとり生活

にほんブログ村テーマ
スッキリさせた場所・もの

にほんブログ村テーマ
捨てる。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク