スポンサーリンク

【ユニクロ】ウルトラライトダウンで真冬コートを一着だけに【断捨離】する

真冬コートは一着にしたい

 真冬に着るコートは、かさばるので保管場所が沢山必要だし、クリーニングでお手入れする必要がありますよね。
 
手間がかかるコートは、できれば、一着にしたい!
 
そこで、最も暖かくて使いやすいのは、ダウンのロングコートかと思います。
 
でも、ダウンのロングコートは、真冬感が凄いので、真冬しか着れないし、きちんとした場所(葬儀とか)には使いにくい。
 
やっぱり、もう一着、ウールのコートが欲しくなります。
ウールコートが、ダウンのロングコートくらい温かければ、真冬コートが一着で済むはず・・・
 
そこで、真冬コートを一着にするのに、欠かせないのが、ユニクロのウルトラライトダウンです。
 

ユニクロウルトラライトダウンの凄いところ


f:id:itsukih:20171226152206j:image

ユニクロのウルトラライトダウンは、手洗いOKで、畳んでも仕舞ってもかさばらず、場所も取らないので、アウターというより、トップスと同じように管理ができて楽です。
 
畳んで引き出しに収納できるので、私はアウターにふくめず、トップス扱いにしています。
 
ウルトラライトダウンで温度調節ができるので、アウターは、薄いアウター+真冬のウールのコート2枚でいけます。
 

 真冬のコートを1着にする


f:id:itsukih:20171226152253j:image

真冬、ウールのコートだけだと寒い時は中にウルトラライトダウンを着れば、あたたかくなるので、ロングのダウンコートが断捨離できます。(関西の場合)
 
ダウンコートはきちんとした場面(葬儀など)では使いにくいこともありますが、ウールのコートは、デザイン・色を選べば、きちんとした場所で使えるので便利です。
 
f:id:itsukih:20171226152320j:image

微妙な時期(晩秋・初春)のコート選びの迷いをなくす


f:id:itsukih:20171226152234j:image

寒い晩秋・初春、「真冬コートを着ると周りから浮きそうだし、途中で暑くなってしまうかもしれない、でも、薄いアウターだと寒いかもしれない・・・」という微妙な時期がありますよね。
 
そんな時は、薄いアウターの中に、ウルトラライトダウンを着れば、温かく過ごせます。
もし、途中で暑くなれば、中のダウンを脱げばオッケーです。
 
真冬コートを着るのに微妙な気温の時期は、薄いアウター&ウルトラライトダウンと決めてしまえば、アウターをどうするか悩む必要がなく、ストレスフリーです。
 
私は、日常のちょっとした悩み(迷い)を少しでも減らして時短したいので、ウルトラライトダウンを手放せません。
 
↓ 暮らしがラクになる楽しいブログ情報満載です。クリックしていただけると、更新の励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ 
 

↓ファッション・持ち物の参考にしているトラコミュ3選

にほんブログ村テーマ
ミニマリストの持ち物

にほんブログ村テーマ
少ない服で着回す

にほんブログ村テーマ
シンプル・ミニマルライフのファッション

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク