スポンサーリンク

子供がレンタルDVDを破損した!弁償額は?やるべき事は?

TSUTAYAのレンタルDVDを子供が破損しました

次男(2歳)が、TSUTAYAで借りたDVDを破壊しました。

長男(6歳)がDVDを扱っているのをみて、自分でやりたくなったらしく・・・

DVDを無理やりケースからはがして、割ってしまったようです。

 

f:id:itsukih:20180217110327j:plain

気持ちよく割れています。

 

【オワー、やってもたー!弁償!?、弁償額はいくらかかかるの~】

青ざめながら、TSUTAYAのHPでQ&Aなどを探してみました。

紛失の場合は、仕入金額(プラス消費税)の弁償と書いてありましたが、破損については、よくわからず・・・

 

他にも事例がないか、ググってみました。

しかし、弁償した方、無料で良かった方など、様々で、実際どうなるかはわかりませんでした。

TSUTAYAで、正直に状況を申告する

f:id:itsukih:20180220114735j:plain

 

結局、悩んでも解決しないので、返却期限前にお店にDVDを持参して正直に申告することにしました。

 お店でのやり取り

私:「子供が力づくでケースからDVDを出そうとして壊しました。申し訳ありません。」

DVDを見せて、謝りしました。すると、

店員さん:「現物を持ってきて頂けたので、何も要らないですよ」

サラッと、DVDを受け取って対応されました。

私:「もう、使い物にならないけど、いいんですか?」

店員さん:「現物を返却してくだされば、それでいいです」

私:「ありがとうございます。本当に申し訳ありませんでした。」

平謝りで立ち去った私・・・・

 弁償不要の理由は

お店で保険に入っているので、破損した現物があればいいのか?

借りたDVDが旧作だったからか?

子供用アニメDVDだったからか?

何故かはわかりません。

紛失して現物が返却できなければ、弁償だったようてす。

 

今回は弁償不要でしたが、今後はわかりません。 

弁償額は、借りたお店、悪質かどうか、自己申告の有無、借りたDVDの種類、などにも左右されるかもしれません。

破損が分かった後に やるべき事

もし、DVDを破損したら、レンタル期限内にお店で状況を正直に説明しましょう。

破損した後に出来ることは、これだけです。

 

弁償額について、ググって不安に思っても、状況によって違うので、解決しません。

もしかしたら、あっさり私のような状況になるかもしれません。

 

子供によるレンタルDVD破損は他人事ではなかった

f:id:itsukih:20180220114756j:plain

 

今までレンタルDVDを破損するなんて、他人事と思ってました。

だって大人だったら、普通に扱えば、壊すはずないですもん。

我が家の場合、子供が家のDVDを壊したことなかったので、全然油断してました。

 

子供(1-2歳児)は、自分の家に入ってきた、新しいモノに興味津々。

ましてやアニメDVD、触ってみたくて仕方ない。

親がいない隙に何としても触ろうとするので、もっと注意すべきでした。

 

レンタルDVDの破損を防ぐ我が家のルール

f:id:itsukih:20180220115017j:plain

 

そこで、レンタルDVDの破損を防ぐ為の我が家のルールを決めました。 

  1. DVDを借りて帰宅したら、子供に触ってはいけない事、理由を説明する。見たい時は大人に頼むように伝える。
  2. DVDの操作が出来る6歳の長男も、自分で操作しない。
  3. 大人が隣にいる時だけ、子供にDVDを触らせる。
  4. DVDは、子供の手が届かない場所に保管する。
  5. DVDを鑑賞した後、大人がすぐにレコーダーからDVDを出して、安全な保管場所に置く 

ちょっと面倒ですが、今後はルールを徹底しようと思います。

レンタルDVDだけではなくて、借り物が家に有るときは、このルールを守って、子供による破損を防ぎたいと思います。

 

まとめ

レンタルDVDを破損したら、レンタル期限内に正直に破損状況を伝えましょう。

子供による破損を防ぐには、DVDを子供の手が届かない場所に保管して、大人が操作します。

今後は、気を付けますっ!

 

▼よく読まれている記事

40代ゆるミニマリスト主婦の少ない服で着回すコーデ

ゆるミニマリスト主婦が【断捨離】して最後に残った真冬コートとは

素敵な40代でいるための最低限・簡単・続く自分ケアとは

▼暮らしに役立つブログが沢山見れます。クリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

スポンサーリンク