スポンサーリンク

野菜高騰中、葉物野菜の代わりに買うべき、お得な6つの代用品とは

野菜高騰中のお得な買い物方法とは

f:id:itsukih:20180220142435j:plain

 

まだまだ、野菜が高いですよね。

キャベツ、白菜、ホウレンソウ、水菜などの葉物野菜、冬野菜の主役の大根も高いです。

でも、野菜に含まれるビタミンなどの栄養は、食事から取りたい。

そこで、値段の高い葉物野菜は買わずに、野菜の栄養が取れる食品で代用しています。

今回は、私が良く購入する、お得で栄養が取れる野菜などをご紹介します。

 

葉物野菜の代わりになる食品でお得に栄養をとろう

f:id:itsukih:20180220142604j:plain

代用品を選ぶ基準

高騰中の葉物野菜の代用品を選ぶ時に気を付けていることは、3つあります。

  1. ビタミンなどの栄養価が高い
  2. 価格が年間を通して変わりにくい・一定
  3. 赤・緑・黒・黄など、色が濃い

この基準で買い物をすると、食卓に葉物野菜がなくても遜色ない料理になります。

 

1 屋内栽培の野菜

屋内で育てている野菜は、台風や雪害を受けないので、価格が大幅に変わることはありません。

そこで、カイワレ、豆苗などをよく買います。

添え物やあえ物に入れると、緑色がプラスされて料理がおいしそうに見えます。

f:id:itsukih:20180220111135j:plain

カイワレはお味噌汁によく入れます。苦味がなくなり子供も食べてくれます。

2 値段が安定している野菜

玉ねぎ、にんじん、ジャガイモは、価格が比較的落ち着いています。

新じゃがや新玉ねぎの季節を除いて、価格が急騰しにくいです。

f:id:itsukih:20180220142715j:plain

 

食卓に出すと、鮮やかになるので、かぼちゃも良く購入します。

f:id:itsukih:20180220111142j:image

 

3 カット野菜・冷凍野菜

スーパーのプライベートブランドのカット野菜は、農家と仕入れ値を年間契約している場合もあるそうで、値段が一定であることが多いです。

冷凍野菜は、ブロッコリー、ミックスベジタブル、枝豆など、料理の彩りが良くなり、栄養価も高いので、よく購入します。

 

f:id:itsukih:20180220111200j:image

 

4 トマト缶・100%トマトジュース

トマト缶も値段が一定です。

トマトそのモノなので、栄養価も高いです。

人参・ジャガイモ・玉ねぎなどの野菜を入れてミネストローネにすれば、葉物野菜無しで、ビタミンなどの栄養が取れます。

f:id:itsukih:20180220111148j:image


5 乾物

ワカメ、ヒジキ、切り干し大根などは、繊維質・ミネラルも豊富です。

お味噌汁に入れたり、炒め煮などに活用できます。

f:id:itsukih:20180220134037j:image


6 漬物・キムチ

漬物キムチも野菜ですが、値段は比較的一定です。

野菜料理を作らねばと気負うより、食卓に野菜が足りないなと思ったら、漬物やキムチを添えて、野菜を追加するのもイイと思います。

f:id:itsuki
h:20180220132415j:image

 

食卓の彩りをよくすれば、美味しく栄養が取れる

f:id:itsukih:20180220142818j:plain

 

以上、高騰中の野菜の代用品でした。

色が濃い葉物野菜は、栄養があるから食卓に出さねばと思うと、家計がしんどいです。

冬だから、鍋やおでんをしないといけないことはありません。(野菜が安ければラクだから、我が家の冬の定番ですが・・・)

 

冷凍野菜やカイワレなど、緑や赤を料理にプラスして彩りをよくすれば、結構、見た目豊かな食卓になります。

料理は、見た目も大事です。

赤・黄・緑が揃っていて鮮やかな見た目なら、栄養バランスもまあまあ取れていると、どこかで聞いたこともあります。

「赤や緑の野菜が食卓にあれば、栄養も取れているからいいよね♪」くらいの感じで、ゆるーく、野菜高騰を乗り切ろうと思います。

 

▼よく読まれている記事

40代ゆるミニマリスト主婦の少ない服で着回すコーデ

何度も【断捨離】しても毎回残る: キッチン便利グッズベスト3

素敵な40代でいるための最低限・簡単・続く自分ケアとは

 

▼暮らしに役立つブログが沢山見れます。クリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

▼家事がはかどるトラコミュ(にほんブログ村テーマ)
時短家事の工夫

そうじ・洗濯のコツ~きれい大好き

家事が楽しくなるモノ・工夫

すっきり暮らす

<暮らしのアイデア>収納 家事 インテリア

掃除&片付け

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク