スポンサーリンク

布団の外干しを【断捨離】してみた:メリット・デメリットは?

布団の外干しはいいのか悪いのか

f:id:itsukih:20180413194546j:plain

花粉や黄砂の多いこの時期、布団の外干しってどうなの?と結構前から疑問に思っていました。

我が家の場合、家族4人分の布団と保育園のお昼寝布団を干すので、重労働です。

また、天候も気にしないといけないので、地味にストレスがたまる嫌な家事の一つです。

そこで、布団の外干しを断捨離できるかを考えてみました。

まずは、外干しのメリット・デメリットを上げてみます。

布団の外干しのメリット

f:id:itsukih:20180413201258p:plain

まず、費用がかかりません。

そして、お日様の力で、日光消毒ができて、お布団がふっくらします。

 

洗濯物も布団も日に当てなくていいってウソ?ホント? [家事] All About

確かに、太陽光に含まれるUV-Bという紫外線は殺菌効果があると言われています。病原細菌やウイルスのDNAなどに作用し、不活化させたり死滅させたりします。

 日光消毒は、一定の殺菌効果があるようです。

 

洗濯物であれ布団などの寝具であれ、「干す」「直射日光を当てる」という営みから、私たちは紫外線による殺菌消毒効果などよりも、熱や外気による「乾燥」効果の方を日常的に享受しています。

しかし、外干しすることの第一のメリットは、日光消毒効果ではなく乾燥させることのようです。

 

布団の外干しのデメリット

f:id:itsukih:20180413201401p:plain

布団を持ってベランダと寝室を往復することになるので、家族用の布団が多いと重労働な家事の一つです。

また、黄砂・花粉・PM2.5などが飛散している時期、屋外の悪いモノを寝室の中に入れるのも良くないですよね。

寝具は、長時間、体につけるものなので、悪影響が気になります。

さらに、長時間、外干しすると、 紫外線によって布団の生地が傷むそうです。

天気にも左右されるので、布団を干すタイミングを逃すと長期間干せないこともあります。

布団を干したまま、遠出もできないので、兼業主婦の場合、せっかくの休日の行動が限定されます。

布団の外干しについての結論

f:id:itsukih:20180413201637p:plain

以上、日光消毒の恩恵は受けたいけれど、兼業ズボラ主婦にとって、布団の外干しはデメリットが多すぎると思いました。

外干しの主たる目的は乾燥です。

なので、花粉・黄砂・梅雨の時期は、外干しをせず、布団乾燥機で乾燥させることに決めました。

日光消毒は、晴れた日にしっかり日光にあてる必要があるので、夏~冬にかけて、体力的に余裕がある日だけすれば良し!と決めてしまいます。

すると、気分的にだいぶラク・・・

もし、家族の健康に問題が出てくれば、考えます。

 

布団乾燥機の導入

f:id:itsukih:20180408094305j:image

 

というわけで、早速、布団乾燥機を購入しました。

 私が選んだのは、日立 布団乾燥機  HFK-VH880です。

 

 

ダニモードや寒い時期の布団暖め・靴の乾燥もできるので便利です。

そして、使い勝手がスゴく良い!

もっと、早く導入すれば良かった・・・

布団乾燥機の使用レポは次回、書きたいと思います。

 

▼よく読まれている記事

40代ゆるミニマリスト主婦の少ない服で着回すコーデ:通勤服(春)

何度も【断捨離】しても毎回残る: キッチン便利グッズベスト3

素敵な40代でいるための最低限・簡単・続く自分ケアとは

▼暮らしに役立つブログが沢山見れます。クリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

▼断捨離がはかどるトラコミュ(にほんブログ村テーマ)
断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

捨てる。

スッキリさせた場所・もの

少ないモノで暮らす

ミニマリストになりたい

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク