スポンサーリンク

オモチャの断捨離の秘訣:子供に合わせた方法を選ぶ

子供のいない間に、オモチャの断捨離

f:id:itsukih:20180501113123j:plain

今回、断捨離したオモチャ全て

次男(3歳)のおもちゃの断捨離をしました。

本人がいない間に、こっそり断捨離します。

本当は、本人にいる・いらないを聞いた方がいいのでしょうが、イヤイヤ期真っ最中の次男。

先日、聞いてみると「全部いる~、1個も捨てたらダメ」と泣きわめくので、こっそりやることにしました。

 

断捨離の内容

断捨離したオモチャは、こどもちゃれんじの教材、おまけ、祖父母の家でもらったオモチャなどです。

今回、1年程、オモチャ箱のチェックをしていなかったので、使っていないモノ、年齢的に明らかに役割を終えたモノが沢山ありました。
今後は、半年に一度くらい、見直そうかと思います。

 

 どれも、全く手に取ることもなくなったので、黙って断捨離すれば分からないはずです。

f:id:itsukih:20180501113117j:plain

お店でもらったおまけ

 

f:id:itsukih:20180501113118j:plain

こどもちゃれんじの教材

オモチャの断捨離の方法

次男は、長男が今、手に持っているオモチャで遊びたいので、長男が触らないオモチャの存在は忘れています。

毎回、取り合いです。

f:id:itsukih:20180430103849j:plain

わが家には同じオモチャが沢山あります。

一方、長男(6歳)は、遊ばないおもちゃでも、無いことに気が付くタイプです。

なので、事前に長男だけにはお伺いを立てています。

もちろん、6歳児にとっては、赤ちゃんのオモチャなので、一つ返事でいらないと答えますが・・・

後で無いと気が付いて、「どうしたの?捨てたの?」と、次男の前で言われると面倒になるので聞いています。

 

f:id:itsukih:20180430103856j:plain

トミカ博でもらったトミカが、今一番お気に入り

子供の性格に合わせた断捨離方法

f:id:itsukih:20180430103746j:plain

 

目の前のオモチャ全部に執着するけれど、無くなったオモチャを把握しないタイプの子供には、明らかに触っていないオモチャをこっそり断捨離する。

オモチャを把握していて、不要の判断ができるタイプの子供は、一緒に断捨離する。

このように、子供の性格・年齢(成長段階によって変わるかも)で対処を変えると、断捨離がスムーズに進みます。

普段の子供の様子を見ながら、子供に合った断捨離方法を考えています。

 

▼暮らしに役立つブログが沢山見れます。クリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

▼断捨離がはかどるトラコミュ(にほんブログ村テーマ)
断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

捨てる。

スッキリさせた場所・もの

少ないモノで暮らす

ミニマリストになりたい

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク