スポンサーリンク

ルンバ&ブラーバ&ドラム式洗濯機で、1週間に1度、効率的でラクラク家全体掃除

ルンバ&ブラーバ&ドラム式洗濯機で、1週間に1度、効率的でラクラク家全体掃除

 

f:id:itsukih:20200128120853j:plain

 

 
毎日する掃除と言えは、ルンバでリビングを掃除すること、お風呂・トイレの掃除、キッチンシンクの掃除くらいです。

 

1日全部の掃除時間を合わせても30分以下。

 

私は掃除が嫌いなので、毎日30分以上は、無理ですね。

 

必要最低限、ボタンを押すだけとか、ついで掃除位なら何とかなるので、これだけにしています。


それ以外の主な掃除は、一週間に一度、休日にまとめて一挙にやるようにしています。

 

できるだけ、ラクして短時間で終わるように、

なるべく自動化して自分のやることを減らしています。

 

ズボラ主婦によるズボラ掃除ですが、掃除嫌いの方の参考になればと思い、まとめてみました。


週1回家全体の掃除内容

f:id:itsukih:20200111173526j:plain



  1. 家全体の家具の拭き掃除
  2. 家全体の掃除機かけ
  3. 家全体の床の拭き掃除

 

この3つをまとめてやります。

1日でやると結構、重労働に見えますよね。


ところが、ルンバ、ブラーバ、ドラム式洗濯機

があれば、ラクして数時間で終わっちゃいます。

 

週1回、家全体掃除の手順

 

f:id:itsukih:20200128121238j:plain

  1. 各部屋、順番にルンバをかける(途中、充電時間が必要)
  2. ルンバをかけ終わった部屋から順次、ブラーバジェットで拭き掃除
  3. 1.2の間に、ルンバが稼働できない場所(洗面所、廊下など)に、自分で掃除機をかける
  4. 1.2の間に家具や机の拭き掃除をする
  5. 汚れたぞうきんやブラーバジェットの替えパッドをまとめて、ドラム式洗濯機に放り込む
  6. 5を干して、ルンバ本体の掃除をして、終了。

 

▼掃除機はルンバとダイソンの2台体制がおススメ

www.yururaku-life.com

 
www.yururaku-life.com

 


掃除がラクになる理由

f:id:itsukih:20200128120808j:plain



ルンバやブラーバで自動化しているのが、ラクにできる一番の理由です。

 

自分でやることは、

本体を掃除する場所に持っていく、

ブラーバに水を入れる、パッドを交換する、

ボタンを押す、

本体の掃除と後始末くらい。

 f:id:itsukih:20200131130847j:image

 

また、大量の汚れたぞうきんやパッドを洗う行為が、

ドラム式洗濯機で自動化できるので、本当にラクです。


せっかく、ブラーバやルンバで自動化したのに、掃除後の汚れたパッドを手洗いで綺麗にしないといけないと元も子もないですよね。

 

全部自動で終わるようにしているのが、ズボラポイントです。

 

唯一、ルンバ本体の掃除だけは自動化できないので、

ダイソンのスティック掃除機をかけてから、ウェスで拭いてます。

 

毎日、歩きながら掃除しているモップスリッパも一緒に洗っちゃいます。


f:id:itsukih:20200208171050j:image


このモップスリッパも、モップだけ取り外しが可能なんですよね。


f:id:itsukih:20200208171059j:image

 

www.yururaku-life.com

 

 

掃除で汚れた雑巾、パッド、モップスリッパをまとめて洗えば、

節約にもなるし、効率的です。

 

ドラム式洗濯機なら、低水位を選択すれば、少ない水で泡立てて綺麗に汚れを洗うことできます。


f:id:itsukih:20200208171114j:image

 

掃除で出た汚れモノ全部一緒に洗う習慣があれば、

モップスリッパの洗い忘れも予防できるし、

ブラーバをかけるついでに拭き掃除もやろうって思えるので、

家全体が綺麗になるんですよね。

 

半日で、家全体が綺麗になるので、かなり時短になると思います。


▼ブラーバジェットのメリット・デメリット

 www.yururaku-life.com

 

▼暮らしに役立つブログが沢山見れます。クリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

▼断捨離がはかどるトラコミュ(にほんブログ村テーマ)
断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
 
スッキリさせた場所・もの

少ないモノで暮らす

ミニマリストになりたい

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク