スポンサーリンク

簡単にできる肌のシミ対策:枕カバーをシルクに変えるだけ

簡単にできる肌のシミ対策:枕カバーをシルクに変えるだけ


f:id:itsukih:20210323164453j:image

 

40代になって、お肌にシミ・しわが増えてきた気がして、

最近は、本を読んで勉強中です。

 

根がミニマリストなので、

プラスすることより減らすことに魅力を感じ、肌断食を実践中です。

 

▼実践中の肌断食本

 

これらの本から、

シミ・しわの原因のひとつとして、紫外線と肌への直接の刺激

が大きいことがわかります。


その中でも、肌への直接の刺激には、

毎日のメイク落とし、石鹸などの洗浄、化粧水、ファンデーションなど、

 肌に何かをつける・手でこすること

 なんかがありますね。


なので、私は、メイク落とし、化粧水、ファンデーションを徐々に減らして、

スキンケアによる肌刺激を減らすようにしてます。


そして、スキンケア以外で、肌にダメージを与える刺激のひとつとして、

 寝ている間、枕カバーやシーツが肌をこすること

 が挙げられます。

 

私は、横向きに寝ることが多いので、

寝ている間中、頬が枕カバーに当たっているんですよね。


これでは、一日のうち、6~7時間も肌がこすれて刺激になってしまいます。

 

肌をこすることによってシミの原因になるんですが、

確かに、枕カバーに当たる鎖骨のあたりがシミが多いんですよね・・・・

 

なるべく、仰向けに寝るようにしたいんですが、長年の癖で難しく。


腰痛持ちなので、横向きの方がラクに寝れるし・・・


そこで、仰向けに寝ることを心がけたうえで、

枕カバーを刺激の少ないシルクに変えることにしました。

 

肌のシミ対策に枕カバー!

結構、盲点です。


シルクは、肌に優しく、肌が潤う効果があるそうです。


▼こちらで購入しました

 


また、髪が肌にかかってこすれることの刺激を防ぐため、美髪のため、

シルクキャップも併用しています。

 

 

www.yururaku-life.com

 


このシルクキャップは、被るだけで、髪がしっとり落ち着いてまとまります。


私は、湯シャンなんですが、

リンスなしでも髪のパサつきが少なくなりました。


シルク枕カバーの感想とデメリット

 

f:id:itsukih:20210323164537j:plain

表面はシルクだけど、裏面はコットン




さて、枕カバーをシルクに変えてから、数か月たっています。


肌触りは、よく気持ちいいです。

夏場はひんやりとして気持ちがよく、冬は感触がなめらかで気持ちがいい。

とても、気に入ってます。

 

さて、本命のシミへの効果は、すぐにはわかりません。

鎖骨のシミがこれ以上増えないといいなぁ・・・・

と期待するばかりですね。


デメリットとしては、値段の高さ。


少しでも安いモノを探して、枕カバーでも片面だけシルクのモノにしました。


肌に当たらない部分はシルクでなくても問題なしですから、

合理的で安くなっています。

 

シルクは肌触りが気持ちいいので、掛布団カバーも変えたいんですが、
お値段的に無理そうです。


布団カバーは安くても2万円~だし、

貧乏性の私にはちょっとハードル高めなので、

枕カバーだけが今のところ、妥当ですね。

 

また、シルクなので、デリケート洗いが必要です。


ガンガン、洗濯機で洗うことができません。


私は週に一回、洗濯ネットに入れて、セーターなどの手洗い可能の服と一緒に洗濯機のデリケート洗いをしています。

 

効果はいまのところ、不明なんですが、

シルクの枕カバー大事に使って、シミ対策を続けたいと思います。

 

 

 ▼楽天ROOM始めました。ズボラ主婦の便利&シンプルの愛用品を集めました

f:id:itsukih:20191203143900p:plain

▼暮らしに役立つブログが沢山見れます。クリックしていただけると、嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

▼断捨離がはかどるトラコミュ(にほんブログ村テーマ)
断捨離でゆとり生活

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

捨てる。

スッキリさせた場所・もの

少ないモノで暮らす

ミニマリストになりたい

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク